寮付き求人の落とし穴

住むところを探しながら求人を探すとなると、寮付きの求人というのは一石二鳥になりますので、とてもありがたいと思うものです。寮付きの求人だからと言っても必ずしもそれがいいというわけではないです。寮付きの求人を探すのであれば、労働条件と共にどういう寮に入るのかということについてもチェックをしておかないと、住み始めてからガッカリするということにもなりかねませんので、十分に注意しましょう。

規則があるためすべてが自由というわけではない

寮に入るということであれば、何らかの規則が存在するものです。規則を読んでみてそんなことを守らないといけないのかという風に感じるものも存在するかもしれませんが、それは決められた規則なので絶対に守る必要が出てきます。規則に明文化されているものだけでなく、中には暗黙の了解と呼ばれる規則もあったりしますので、そこのところもよく確認したほうがいいでしょう。
規則に無いものはすべて自由なのかと言うと、そういうわけでもないです。共同生活を営む中で周りの人に迷惑をかけないというのは何よりも当たり前のことです。迷惑をかけると職場でも居づらくなってしまいますので、十分に注意しましょう。職場で嫌な思いをしないためにも、そこのところは十分にわきまえた方がいいです。
おそらく家族寮でない限り、独身寮であれば男性寮と女子寮に分かれるケースがあるのではないでしょうか。訪問する時は家族しか入れてはいけないケースが多い反面、比較的フリーなケースもあります。自分にパートナーがいるというのであれば、事前に連れてきていいのかどうかをチェックしておくといいでしょう。せっかくうまく行っていたにもかかわらず、会う機会が減って破局したとなると目も当てられなくなります。カップルがめでたく結婚したのであれば、家族寮に入るということも十分に可能になります。

共用で使うスペースはどこなのかを確認しよう

寮と言っても借り上げ住宅のようなタイプから学生寮のようなタイプまでまちまちです。借り上げ住宅であれば居住スペースを自由に使える可能性が高いのですが、学生寮のような場合であれば食堂やトイレ、風呂などが共同で使う可能性があります。
もしかすると、居住スペースですら複数人で住むことがあります。こうなるとなかなかプライベートが確保できないということにもなりかねません。そういう環境が嫌であれば、他の寮付き求人を探して法がいいでしょう。

自分の中で何を優先するかを決めるべき

寮と言っても自分の希望を100%かなえられる場所というのは無いことが分かります。その中で自分の中で何が絶対に譲れないのかということを明確にすることで、多少は選びやすくなるのではないでしょうか。周辺に何もなかったとしても、割り切れるところは割り切ったほうがいいことがあります。
採用面接で寮のことについて尋ねにくい部分もありますが、絶対に譲れない部分について必ず聞いておいたほうが満足します。辞めた時には退寮しないといけませんので、辞める前にある程度お金をためておいたほうが路頭に迷わずに済みます。

住んでみてびっくりしないようにあらかじめ調べておく

kiulpiys
寮付き求人であれば寮のことが気になるのは当たり前のことです。そうであれば、あらかじめどこにあるのかといことやどういう規則があるのかなどについて調べておくといいでしょう。採用面接で寮のことについて質問することも忘れないようにしておきたいです。

新着情報

◆2016/11/03
寮付き求人の落とし穴の情報を更新しました。
◆2016/07/06
企業プロフィールの情報を更新しました。
◆2016/07/06
辞めたらすぐに退寮しなければいけないの情報を更新しました。
◆2016/07/06
寮周辺の環境は事前に調べておこうの情報を更新しました。
◆2016/07/06
寮付き求人でも労働条件はしっかりと確認するの情報を更新しました。