外資系企業でのアルバイト

外資系企業でのアルバイト

ある程度に英語力がある方であれば、英語力が身に付けられるアルバイトの中でも、外資系企業でアルバイトをするのがオススメです。
翻訳や通訳ほどに英語力が高いわけではない。
けれども、カタコトの英語しか話せない。
単語や短文をつなぎ合わせた会話は卒業出来ている。
こんな段階の方にオススメなのが外資系企業でのアルバイトなのです。

ITから販売まで多岐に渡る

外資系企業でアルバイトをするメリットは、例えばホテルフロントなどの場合には、単一の業界に身を置かざるを得なくなるのですが、ジャンルが多岐に渡って選べるという点です。
外資系のIT企業のアルバイトなどでは、英語アプリの開発や、その宣伝や効果の検証、営業などがあります。
他にも外資系アパレルブランドでは、ブランド品の販売や、出店店舗のコンサルティング業務。
売れ筋商品のリサーチや商品審査といった業務が存在しています。
このように外国人の上司や責任者とコミュニケーションを取りながら、さまざまな仕事をこなすことができるため、単一の職種に無理やりつくのではなく、興味や関心のある職種を選べる上、英語力の向上ができるのです。

職種や企業レベルによって求められる英語力は違う

外資系企業というと、かなりハイレベルな英語力を身につけていなければ、採用されないのではと心配する方もいらっしゃいます。
確かにこのイメージ通り、高い英語力が必須になっている求人も存在しますが、全てがそうではありません。
要は職種や企業規模などによって、求められる英語力は違ってきます。
例えば、前述のアプリ開発であれば、上司やチームとのコミュニケーションが十分に取れる英語力で十分です。
逆にアパレル系でも、バイヤーのようなブランドの本社と密に連絡を取り合ったり、実際に海外まで行き、交渉までするような場合には、ネイティブレベルの英語力が求められるということです。

関連する記事