観光案内に必要な英語力とは?

観光案内に必要な英語力とは?

英語を身に付けられるアルバイトの中でも、観光案内はスタンダードなアルバイト求人ですね。
しかしながら、どのくらいに英語力が必要なのか。
全く話せない状態でも、アルバイトとして雇ってもらうことができるのかは気になるところです。
そこでここでは、観光案内のアルバイトに必要な英語力はどのくらいなのかなどを紹介していきましょう。

日常英語と観光英語は違う?

気になるのは、日常会話で使う英語と観光案内で使う英語は違うのか?ってことですね。
例えば、同じ日本語でも、バスガイドさんなどが行っている「左手に見えますのは〜」なんて日本語は、日常会話で使っているものとは多少は違っていますね。
それと同じく、日常会話の英語と観光英語とでは違っています。
何が違うのかといえば、一般的な日本で学習するような英語の場合には、読み書きやリスニング。
そしてスピーキングといったものを全体的に向上させるために行っているケースが多いです。
しかしながら、観光英語の場合には、聞き、話すといったコミュニケーションに特化しているものである必要があるわけです。
端正な英語といえば表現的に近いかもしれませんが、かといって瑣末な表現ではなく、丁寧である必要があるという違いがあるのです。

心配なら資格がある

こういった説明を受けても、微妙にニュアンスが分からないという方には、観光英語の検定が存在していますから、一度受けてみると良いかもしれません。
観光英語検定というものがあり、3級から1級まで段階分けされています。
3級は一番簡単なのですが、約3000語の英語の語彙力と高校卒業レベルの基本的な文法や構文を理解出来ている必要があります。
このレベルで観光をしている外国人に対して、パンプレットなどの内容を説明できるとなっていますから、観光案内のアルバイトをしたいのであれば、このくらいの英語力は最低限でも持っておきたいところです。

関連する記事