宿泊施設でのアルバイトで必要なもの

宿泊施設でのアルバイトで必要なもの

英語が身に付くアルバイトの一つにホテルなどの宿泊所のフロント業務や客室係。
更にコンシェルジュなんてものが挙げられます。
当然に外国人観光客が多い観光地や、外資系ビジネスマンの多い都会エリアの宿泊所で働くことが前提となるわけですが、どういった業務を行う必要があるのでしょうか。

英語の前に仕事を覚える

英語力向上の前に、まずはホテル業務とは一体どういうものなのかを把握する必要があります。
業務をこなし、訪れるお客さんを相手にして英語力が向上するわけです。
ホテルフロントのしごとであれば、宿泊に関しての予約を取ったり、管理をすること。
他にも案内や各種手続きなどを行っていきます。
予約システムなどがあれば、それを理解しなければなりませんし、利用することができるクレジットカードの把握。
また宿泊料に関しての値引き交渉などにも対応する必要があります。
これがすべて英語となれば、相当な語学力が必要になってくることでしょう。

業務は研修つきがほとんど

ホテルなどの宿泊施設では、やはりサービス業ということもあり、予約システムの使い方から、電話対応。
実際の案内に至るまで、研修を行っている企業がほとんどです。
正社員のみならず、アルバイトなどの非正規社員でも、こういった業務に関する研修は必ず行われますから、それを受け、実際に働くことによって、どんどんと業務を覚えることが出来ますから、心配はいりません。
外国人観光客が多ければ、よく出てくる会話などを先輩などに聞いておくことで、ある程度に対処することもできるようになります。
ですから、未経験であっても、十分に採用される可能性は高いです。
より採用されるためには、接客やサービス業の経験。
またパソコン操作の経験などが活きてきます。

関連する記事